2018.02.17

‘primitty’ 会期 終盤。

企画展 ‘primitty’
いよいよ会期
終盤へ。

 

主役の3人目の作者
佐々倉文さんが
この展示のお話を
綴ってくださいました。

 

0

’ いわゆるケーキスタンドは、2本の木のそびえ立つ植物の構造や、形から考えられたもの。そして「吊るす」という言葉は、「ツルす」。ツルに物をかけた事が由縁です。

 

というのは大嘘ですが、むかしむかし、はてしなく大昔に
原人類は、葉っぱや、落ちた木の実の殻や、花に雨水が溜まる様子を見て「!」と思ったに違いなく、木の実を取ろうと木に登り、枝が折れて落ちかけた時、とっさに蔦につかまり、ぶら下がった瞬間の「!」

 

芽吹き続ける植物を通じて
原人類との「!」の交信
始まりの始まり探しと
その妄想の
迷走を、楽しむ事ができました。’

 

佐々倉 文

 

fullsizeoutput_4ff

 

佐々倉さんより16日深夜2:00、
あたらしい蔦、完成「!」と
報告を受けました。

 

17日 お披露目となります。

 

そして17日・18日は

3人揃って在廊予定です。

 

きのみの さとみさんからは
待望いただいている

 

▫︎薪のstick-cookie
▫︎雪どけスコーン▫︎▫︎
▫︎こごみスコーン
▫︎raspberry・甘夏candy

 

この4種類のお菓子を
17日お持ちします。とのお話を。

 

 

あっという間に
走り去っていく会期。

 

ご紹介したい気持ちと
なかなか叶わず
もどかしい気持ちと。

 

この場所に身を置いているだけで
3人の溢れるinspirationとenergieを
感じられ、自然と元気になります。

 

‘primitty’
18日 日曜日まで。

 

どうぞ ご来場ください。

 



Atsumi Honnda
Satomi Kinomino
Aya Sasakura

 

exhibition ‘primitty’

 

2018.2.10 sat – 2.18 sun
open 12:00 – 20:00

 

・つくりて・
本田 あつみ    陶
きのみの さとみ  焼菓子
佐々倉 文     金属

 

・ばしょ・
studio baco

 

address:
413-1 mamiana-machi
utsunomiya,tochigi
〒321-3225 japan

 

telephone:028-666-8715
http://studio-baco.com/

 

◽︎ お越しの際はカーナビよりgoogle mapがおすすめです。
∵ カーナビではポイントが正確に表示されない可能性がございます。
◽︎ 9日間の会期も残り2日となります。

2018.02.11

‘primitty’ はじまりました。

0211#2

 

大寒の候を越え
立春を迎え

 

わずかに陽射しを
あたたかく感じるような
今日この頃。

 

きのうより企画展 ‘primitty’

はじまりました。



歩いたり、しゃがんだり、
遠くから眺めたり、
ぐーっと近づいてみたり、
姿勢いろいろ。

 

森へ訪問される みなさん
思々に作品と空間を
たのしまれています。

 

陶・焼菓子・鉄。

素材の異なる3人の作り手が

期間限定で結成 ..?

team ‘primitty’

 

土・日曜日は お揃いで
わきあいあい在廊されます。

 

そして
陶芸家 本田あつみさんが
会期 初日を迎えた
今の気持ちを
綴ってくださいました。

 

 

作り出したら楽しくて仕方ありませんでした。
次から次へと作りたいものが溢れてきました。

 

primitiveでpretty

 

葉っぱ、木の実、種、新芽…
自然の中にある形はとても魅力的でした。

 

自分が本当に作りたいもの、
自分の原点を改めて発見したように思います。

 

佐々倉さんが枝のオブジェを作る。
私が葉っぱを作る。
きのみのさとみさんが木の実の焼き菓子を作る。

 

枝のオブジェに陶の葉っぱ、葉っぱの上に焼菓子。

 

3人で楽しさを共有出来ました。
みなさんにも楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

                 本田あつみ

 

0211#1

 

本田あつみ・profile・
愛知県西尾市生まれ
名古屋造形芸術短期大学ビジュアルデザインコース卒業
愛知県立瀬戸窯業高等学校陶芸専攻科修了
1997年 茨城県笠間市にて独立

 

・・

・・・

・・

 

“primitty”

 

目に映る

自然や景色を取り込んで

手の中でぎゅっと

こねたり
まぜたり
のばしたり

焼いて生まれた
それぞれのかたち

primittyな実りを
そっと拾いに来てください

 

     きのみの さとみ

 

1517977752750

 

きのみの さとみ・profile・

1995年 セツモードセミナー美術研究科修了
1996年 茨城県窯業指導所ロクロⅠ科.同釉薬科修了
2000年 独立 子育てをしながら作陶
2007年 笠間市に工房移転
2012年 無添加おやつとうつわ “きのみの”を立ち上げ

 

木の実のように自然でやさしいお菓子とうつわを制作。
イベント・オーダー などで活動中。

 

・・

・・・

・・

 

web用

 

Atsumi Honnda

Satomi Kinomino

Aya Sasakura

 

exhibition ‘primitty’

2018.2.10 sat – 2.18 sun

open 12:00 – 20:00

 

・つくりて・
本田 あつみ    陶
きのみの さとみ  焼菓子

佐々倉 文     金属

 

・ばしょ・

studio baco

 

address:

413-1 mamiana-machi

utsunomiya,tochigi

〒321-3225   japan

 

telephone:028-666-8715

http://studio-baco.com/

 

web用裏

 

お越しの際はカーナビよりもgoogle mapをご利用くださいませ。

カーナビではポイントが正確に表示されない可能性がございます。

2016.09.25

moi ‘spook moth ball’ sachet,halloween,pumpkin,

袖の長い お洋服が
恋しくなってきましたね。

 

衣替えの季節に
作家 moiさんの
サシェ ‘moth balls’。

 

moi1

 

お化けの刺繍が
ささやかに
halloween気分。

 

moi2

 

サシェの中身はラベンダー、
八角、クローブ、カンゾウ。

 

サシェとはフランス語で
ちいさな下げ袋という意味の
香料を滲ませた綿や
ドライハーブなどを
詰めたものを指します。

 

moiさんは ご自身の作るサシェを
‘moth balls’と名づけていますが
これは’球形の防虫剤’という意味。

 

クローゼットの引き出しに入れたり
ハンガーに吊り下げたり
bedroom,bathroom,office,
色々なシチュエーションにお茶目に
ハーブとスパイスの香りと
溶けこんでくれることでしょう。

 

moi3

 

時間とともに香りは薄れていきます。


moiさん曰く、
香りが薄れてきたと感じた頃
目安として およそ三か月ごとに
中身を揉んでいただくと香りが蘇り
それを繰り返すことで
一年程お楽しみいただけます。


役目を果たし終えた中身は
キッチンシンクの三角コーナーや
生ごみ箱など臭いの気になる場所に
撒いていただくのも おすすめ。
とのことです。

 

 

 

余談ですが
halloweenといえば南瓜。

 

野菜や果物 植物の造形に
昔から何だか惹かれます。
断面も好きです。

 

ひとまず
objetとして鑑賞して。。。
それからsoupに。

 

soup

 

材料は南瓜と玉葱と水と塩のみ。

 

バターも牛乳もコンソメも使わずに
ひとつスパイスを入れるなら
ローリエを。

 

南瓜の甘みはもちろん
玉葱の旨味に敬服。


わが家は玉葱フリークです。