2018.06.06

新入荷・文藝誌「園」創刊号

1

 

 

しずかに読みすすめていると、ふと
身体に熱がこもっていることに気づく。

 

美術や音楽など
共鳴する何かに触れた時
体温があがったり
血の巡りが活発になるような感覚を
無意識のうちに覚えることがある。

 

ただ その きっかけとなる’何か’には
そう頻繁に出会えるわけではないし
躍起になって探して見つかるわけでもない。

 

「園」と名づけられた文藝誌は
その数少ないうちの一つ。

 

冒頭の二行は「園」の創刊号を
読んでいた時のepisode。

 

 

bacoは書店では無いけれど
心から紹介したいと思う作品であれば
categoryとかgenreといった
境界線は必要ないのかもしれないな。と
ある日 気づいたのです。

 

こうして わたしの思うことを
文章にして綴るまでの間に
手に取り、連れて帰られた人も
居てくださり 心から嬉しいです。

 

 

‘6月6日に雨ざぁざぁ’だねぇ。

なんて、話していた今日。

関東も梅雨入りした模様。

 

雨の音に包まれて

ゆったりと「園」読む 時間。

考えてみただけで 心踊る。

 

今夏には第二号も発売されるとのこと。

 

読者のうちの一人としても
心待ちにしています。

 

 

3

 

“文藝誌「園」創刊号”

 

“あらゆる知識や感情に集う園

ポケットに収まる文藝誌

 

文藝誌 ” 園 “は、年間1冊刊行。

ポケットに収まる、新書サイズの文藝誌です。

 

本書は土地を耕し、豊かな緑や花、果実を蓄えるように、またそこに集まる人の賑わいや平穏、さみしさや苦しみ、あらゆる知識や感情に集う園として、2017年に創刊しました。
小さなその中に、様々な分野のエッセイやインタビュー、論文等を、写真や挿絵とともに掲載。常に新しい方向へ門戸を広げていきます。
ポケットにひそませ、傍らに置き、寝そべりながら、そうしてくたびれるまで、全ての日常へ連れていってください。
お気に入りの一文や言葉・知識に臆せず線を引いたり、あなたの言葉を書き込んでみたりしてみてください。
たくさんの人と家族と友人と、共有してください。
時にはあなたを代弁し、ひらめかせ、繰り返し思い起こされる言葉や写真、それらすべてが、往年の名曲のようにいつかノスタルジーを連れて、あなたの暮らしに寄り添う存在となることを願って。”
全104頁・800円+税
“括弧”内 – 文藝誌「園」official site・http://www.sono-magazine.jp より引用 –

2018.04.27

kirim▫︎To the west, to the east

new arrival!

 

we

 

届きました。

 

本日 発売です。

 

とにかく聴いてほしい。

 

ただ この ひとことに尽きます。

 

 

kirim  「To the west, to the east」
2018.4.27 on sale・2,000yen+tax
released & distributed by bud music, inc.

http://kirimmusic.com/news/post-1090/

 

 

1-とけこみたい
2-列車は走る
3-Sunrise
4-誰なの
5-INTO THE WATER
6-寝んねよ ころりよ
7-Another walk in a fog

2017.09.30

「木を植える音楽」書籍入荷のお知らせ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

穏やかな秋の日ですね。

 

記憶が確かならbacoにとって
はじめて書籍が入荷しました。

 

23日に発売された書籍

「木を植える音楽」

 

projectの生立ちから
現在に至るまでの歩みを
さらに深く知りたい。と
読ませていただきました。

 

これは架空の物語ではなく
実在する物語。

 

‘木を植える音楽’という
作品を作る過程で起きた
表現者たちの葛藤から
突破口を見出せた瞬間まで
細やかに綴られています。

 

最後の1頁を読み終えて
涙が滲みました。

 

木を植える音楽 世話人
倉本祐樹さんによる
あとがきで幕を閉じる
書籍「木を植える音楽」

 

2年あまりの月日に渡り
地道且つ丁寧にinterviewを
おこなってきた 著者である
ゆたり編集室 三上美保子さんの
同projectへ向ける思いも
頁を読み進めるごとに感じます。

 

発案者である2tree cafe
現 2tree open houseの
倉本祐樹さん・芙美さん
木を植える音楽家のみなさん
賛同される方の思いが重なり
クロマツの苗木に姿を変える。

 

まだ見ぬ 未来の風景が
実現する その時まで。
この思いが原動力となって、
‘木を植える音楽’は続きます。

 

どこかの誰かにとっては
この書籍発売が木を植える音楽を
知るきっかけになるかもしれない。

 

また ここから これからも
ご紹介を続けていこう。と
あらためて。

 

CD・書籍・CD+書籍セット
それぞれ bacoに揃っています。

 

 

2tree cafeに集まった11組の音楽家が
未来、自然、人々の暮らしを思い描き、
曲を紡ぎ、生まれた「木を植える音楽」

 

東日本大震災にともなう
津波により大きな被害のあった
福島県いわき市の海岸に
‘木を植える音楽’CD1枚の売上につき
10本のクロマツの苗木が植えられます。

 

・木を植える音楽HP・
https://kiwoueruongaku2treecafe.jimdo.com

 

・2012年9月 project 発足
・2014年7月 CD 発売
・2017年9月 書籍発売

 

・木を植える音楽家のみなさん・
マツシマヒデキ・イワサキ カズヒロ
白猫・いろのみ・マンマリカ
安生 正人・オツベル(みぇれみぇれ)
タエナル・minakumari
Honey Cookies・小川倫生
(収録曲 順)

 

♩木を植える音楽を全国どこからでも
・本とゆたり オンラインストア・
https://hontoyutari.stores.jp/…

 

・NPO法人 トチギ環境未来基地・
https://www.tochigi-cc.org

 

・苗木forいわきプロジェクト・
https://naegi.jimdo.com

2017.08.08

タとエの「タとエ」

image

 

ずっと気になっている
「タとエ」。

 

たけのりのタと
えりのエを
あわせてみたら
3文字になって
タとエ!

 

duoによる演奏の可能性を
拡げ続ける「タとエ」、
対象年齢3才以上。

 

1度聴いたら最後。
耳に残って離れずに
また聴きたくなる。

 

どうしようもなく
くせになる世界観。

 

releaseが待ち遠しくて
首を長くしていました。

 

今朝 届いた小包を
すかさず 開封して
家族で聴いています。

 

image

 

童心にかえって
音であそんでいるような
おふたりですが、
1音1音が とても良質で
年齢を問わず
楽しめるはずです。

 

音楽をことばで喩えることは
non-senseかもしれませんが、
bacoなりに伝えるなら
タとエの曲を河だとして、
その河に色あざやかで
いろいろな形をした音が
つぎつぎと流れてくる。

 

その音が一瞬で
流れていってしまうから
どうしても掴みたくて
また聴きたくなる。。。
そんな感覚です。

 

うつのみや界隈の何処かの
どなたかにも ぜひ
くせになっていただきたく、
bacoにも数枚
置かせていただいています。

 

シルクスクリーンで
1枚1枚刷られた
紙製のdisk jacketの質感も
必見です。

 

追申。個人的には
7曲目’メメたい’の
8ビートのリズムに乗って
つい踊りだしてしまいます。

 

 

・track list・
一、イントロ
二、ミュージアムへようこそ
三、ハロー、ワールド!
四、Pilili
五、ドレミポッポでいこう
六、ミララミ
七、メメたい
八、サウンド・オブ・ブリージング
九、まほうつかい
十、月の夜にねむる

 

・タとエ・
大島武宜(おおしま・たけのり)と
伊藤絵里(いとう・えり)によるデュオユニット。

http://takexeri.senkawos.org/

ガットギター・ピアノ・パーカッション・うたなどの
アコースティックサウンドと
シンセサイザなどのエレクトロニックサウンドを
変拍子とともに巧みに組み合わせ、
世界を照らす冒険音楽をお届けします。
対象年齢は3歳以上。

大島武宜
(うた・ガットギター・Teenage Engineering OP-1)

伊藤絵里
(うた・ピアノ・たいこ・シンセサイザ・おもちゃ・レコード)


2016.06.05

takanori masutani @「t shirtsというキャンバスをみつけた」

「t shirtsというキャンバスをみつけた」

 

当初の予定では
本日までの会期でしたが、
作家さん達が新作を続々と
届けてくださっているところなので、
より多くの方にご覧いただければ。と
6月30日まで会期を
延長することになりました。

 

よろしくお願いします。

 

風が爽やかに吹く
すごしやすい日が
続いていますね。

 

そんな初夏の気分に
ぴったりのt shirtsを
絵描きのtakanori masutuniさんが
届けてくださいました。

 

j1

 

masutaniさんの
代名詞とも言える
ambientな世界が
t shirtsというキャンバスに
広がっています。

 

j2

 

 

j3

 

 

このへんで
takanori masutuniさんの
ご紹介をほんのすこし。

 

j

 

1978年広島県三次市に生まれ、
2000年から4年間
ロンドンとパリへの留学を期に
本格的に創作を始め、
絵画・造形・料理と分野は多岐にわたる。

 

現在は東京 下北沢を拠点に
活動を続けている。

 

 

bacoとはopen当時から変わらず
5年あまりのお付き合い。

 

はじめてお会いするより前は
どんなかたかな、、、
「気難しい方だったら」などと
あれやこれや想像していましたが、
実際にお会いしてみると
穏やか・純粋・きづかい上手と
三拍子揃った好青年。

 

ちょうど1年前にbacoで
workshopを開いたのも
記憶に新しいような
懐かしいような、、、

 

いづれまた何らかの形で
交流の機会を作れたら。と
密かに考えています。

 

紹介しきれていない
今季のt shirts作品が
他にもありますので、
またあらためて
ご紹介させていただきます。

 

麦わら帽子と
t shirtsで過ごす
気ままな休日。

 

日暮れ直前ではありますが、
みなさんすてきな日曜日を
どうぞお過ごしくださいませ。