2016.06.05

takanori masutani @「t shirtsというキャンバスをみつけた」

「t shirtsというキャンバスをみつけた」

 

当初の予定では
本日までの会期でしたが、
作家さん達が新作を続々と
届けてくださっているところなので、
より多くの方にご覧いただければ。と
6月30日まで会期を
延長することになりました。

 

よろしくお願いします。

 

風が爽やかに吹く
すごしやすい日が
続いていますね。

 

そんな初夏の気分に
ぴったりのt shirtsを
絵描きのtakanori masutuniさんが
届けてくださいました。

 

j1

 

masutaniさんの
代名詞とも言える
ambientな世界が
t shirtsというキャンバスに
広がっています。

 

j2

 

 

j3

 

 

このへんで
takanori masutuniさんの
ご紹介をほんのすこし。

 

j

 

1978年広島県三次市に生まれ、
2000年から4年間
ロンドンとパリへの留学を期に
本格的に創作を始め、
絵画・造形・料理と分野は多岐にわたる。

 

現在は東京 下北沢を拠点に
活動を続けている。

 

 

bacoとはopen当時から変わらず
5年あまりのお付き合い。

 

はじめてお会いするより前は
どんなかたかな、、、
「気難しい方だったら」などと
あれやこれや想像していましたが、
実際にお会いしてみると
穏やか・純粋・きづかい上手と
三拍子揃った好青年。

 

ちょうど1年前にbacoで
workshopを開いたのも
記憶に新しいような
懐かしいような、、、

 

いづれまた何らかの形で
交流の機会を作れたら。と
密かに考えています。

 

紹介しきれていない
今季のt shirts作品が
他にもありますので、
またあらためて
ご紹介させていただきます。

 

麦わら帽子と
t shirtsで過ごす
気ままな休日。

 

日暮れ直前ではありますが、
みなさんすてきな日曜日を
どうぞお過ごしくださいませ。

2016.05.29

moi @「t shirtsというキャンバスをみつけた」

現在開催中の「t shirtsというキャンバスをみつけた」より
今日は刺繍作家 moiさんの作品をご紹介します。

 

どこか遠い異国の
芸術家の作品なのかと思わせる
moiさんの奇想天外な想像力と
創造力に触れるたび
鼓動が高鳴っていることに
毎回気づくのです。

 

念のため ご紹介しておくと
moiさんは れっきとした
千葉在住の日本女性です。

 

写真は’MONEY to IMAGINE’という作品。

 

moi1

 

2011年5月24日に制作した作品
‘towering japan xiv’ に
5年という時を経て
2016年4月14日
再び息を吹き込んだ
いわば、過去と現在が
t shirtsというキャンバスに
共存している作品。

 

そして現在のmoiさんの想いは
作品につけられた名前
‘MONEY to IMAGINE’
そのものです。

 

くわしいお話は
moiさんの意向により
敢えて書きません。

 

気になった方にだけ
こっそりbacoが
moiさんのかわりにお話し
させていただきますね。

 

今回の「t shirtsというキャンバスをみつけた」の
キービジュアルにもなっている
このmoiさんの作品。

 

t shirtsというキャンバスの中に
刺繍たちが、あちらこちらに
散りばめられていて
夢中で写真を撮っていたら
普段1つの記事でご紹介する
枚数の倍になっていました。

 

moi2

 

 

moi3

 

moi4

 

moi5

 

moi6

 

moi7

 

 

moi8

 

すべて
‘MONEY to IMAGINE’という
1枚のt shirts作品の写真です。

 

本日 日曜日。
bacoは23:00まで
openしています。

 

みなさん どうぞ
すてきな日曜日の夜を
お迎えください。

2016.05.25

hoen?×マリアル @「t shirtsというキャンバスをみつけた」

bacoの北にみえる
夕やけ空はピンクと
くすんだ水色が
混じりあって
溜め息がでるほど綺麗です。

 

初夏から夏にかけて
この時季ならではの
景色に心が洗われます。

 

さて、今日は現在開催中の企画展
「t shirtsというキャンバスをみつけた」より
織作家 hoen?さんの作品紹介です。

 

hoen?さんは
シンガーソングライター
arcoとしての顔も持ち、
イラストレーター
アライマリヤさんと共に
映像ユニット「マリアル」の
活動もされています。

 

くわしくは過去記事を

どうぞご参照ください。

http://studio-baco.com/live/559/

 

「マリアル」のおふたり。

左がarcoさん(hoen?さん)

右がアライマリヤさん。

 

a0127284_00444325

 

そして今季は
「マリアル」の世界から
ぬけ出してきたような
t shirts作品を制作して
届けてくださいました。

 

13221064_867842170016107_7713881024707423564_n

 

「マリアル」の作品の中でも

わたしもお気に入りの1曲
「ながいよる」に登場する
‘ポットくん’ と
おともだちの ‘コップくん’ は
うとうと。。。と、どうやら
居眠りしているみたいです。

 


よかったら ご覧ください。

 

 

アライマリヤさんのイラストを製版し
孔版画の技法の一つである
シルクスクリーンを用いて
青みどり、朱色のようなオレンジ
2色のインクで一着一着
丁寧に刷られています。


13254253_867842180016106_6838780401763311085_n

 

‘コップくん’ の頭の部分に

hoen?さんの織った布が
黄みどり、黄色、青、水色の
4色で気まぐれに
刺繍されています。

 

ここまで

ご紹介した写真が
kids size。

 

ここからご紹介する写真が
ladies dolman sleeve。

 

13239217_867842196682771_4700271365712778700_n

 

 

13265879_867842226682768_3159228818822608646_n

 

dolman sleeveは
ゆったりしたシルエットで
着心地も良く
むしむし。じめじめ。する
これからの季節でも
リラックスして
過ごすことができて
とても重宝します。

 

気温と湿度が上昇する
こんな季節でも
楽しみを見つけながら
日々過ごしていきたいですね。

 

baco一家は休日に
車で30分程の距離にある
親水公園に行って
娘と水あそびしたり、
樹蔭でのんびり過ごすことが
お気に入りです。

 

心の栄養になる
とても贅沢な時間です。

2016.04.01

新学期と蚕と繭の関係と松田かやさんの作品到着。

4月がはじまりました。

 

新年度・新学期とは
縁の遠いbacoではありますが、
どことなく身の引き締まる
感覚があります。

 

そして1年前の今日も
きっと同じようなことを
呟いていたように感じます。

 

そして
数日前の出来事。

 

作り手の松田かやさんが作品を
多数届けてくださいました。

 

matsuda kaya 1

 

今回の作品は鮮やかな色の
ブローチやイヤリングたち。

 

matsuda kaya 2

 

素材はフェルトや糸。

 

matsuda kaya 3

 

フェルトは成形から。
糸も一部染色からされて
作られているそうです。

 

matsuda kaya 4

 

松田かやさんの作品を
bacoで見かけたことのある方は
今回の配色に少し
驚かれたかもしれません。

 

わたしも数日前。
第一印象ではそうでした。

 

ですが、その考えは
数時間も経たないうちに
わたしの中で「ある結論」に
達しました。

 

そのお話はbacoで
作品を前にさせて
いただこうと思います。

 

ここからは、
松田かやさんの
ご紹介を。

 

…………………………

 

松田かや

 

1986年
芸術家の両親の留学中に
ドイツにて生を受ける。

 

1989年
日本に帰国。
その後は茨城県笠間市にて育つ。

 

2008年
東北芸術工科大学
工芸コース卒業。

 

その後、作家活動を開始するとともに
衣服造形家 眞田岳彦さんが主宰する
眞田塾に在籍。

 

2014年より
横浜美術大学に職員として勤務。

 

現在、植物を中心に
パラフィンや和紙・真綿などを使用し
身に着けることの出来る
オブジェとなるアクセサリーや
インテリアとしての装飾品、
インスタレーションなど
様々な形態で制作をしている。

 

…………………………

 

わたしが、かやさんと
はじめてお会いしたのが
たしかbacoを始める
ちょうど1年前の2010年春でした。

 

かやさんが23歳。
わたしは26歳だった頃。

 

その時、
かやさんの作品に溢れる才能を感じ
bacoのopenが現実的に濃厚に
なったら必ずお誘いしよう。と
堅く、心に誓ったことや
その時の衝動感覚だけは
忘れっぽいわたしですが、
今でも鮮明に覚えています。

 

そして、その時の記憶は
脳内で眩しいくらいのtoneに
変換されて思い出されます。

 

その後の6年間のことは話し出すと
さらに長くなるので、割愛します。

 

ただ、今ひとつだけ言えるのは
蚕が作り出す繭が貴重な素材となるように
‘松田かや’という作り手の生み出す作品は
唯一無二の貴重な存在で
bacoがまだ始まってもいなかった頃から
ずっと、あたため続けてきた
大切な作り手の一人だということ。

 

そんな、かやさん
ご多忙中にもかかわらず
先日bacoを訪問してくださいまして
本当に色々なお話をしました。

 

そして、ここから1年の間に
「bacoで個展を開催しましょう」と
約束を交わしました。

 

2011年に始めたbacoも
4月23日で’5さい’の
誕生日を迎えます。

 

そんな節目の1年で
松田かやさんの個展を
開催できたなら
とても感慨深い
出来事になると
確信しています。

 

みなさん実現することを
楽しみにしていてください。

2016.03.10

paumeさんとの密談からの新柄 「即興 巻きもの展」

寒暖の変化がある時期。

 

リネンのストールが
必需品な この頃です。

 

名前のまだない
bacoの1番奥の展示室にて
ひそかに開催中の
「即興 巻きもの展」

 

2月から3月になり、
春の訪れとともに
みなさん それぞれに楽しんで
ご覧いただけている様子
嬉しく思っています。

 

‘ほらあな’的と言いますか
とても小さな空間なのですが、
そこが寧ろ安心感があるでしょうか。

 

何処となく「ほっ。」と、されて
滞在時間も長いように感じています。

 

そんな巻きもの展に
paumeさんから
新しい作品が届きました。

 

block2

 

paumeさんは普段
質の良いリネンを中心に
お洋服を縫われて
県内を中心に
活動されている方です。

 

先日bacoにてpaumeさんと
密談を交わした際に
リネンについてや
普段の何気ないことなど
お話していた時間の中で
paumeさんが
ふと発見されたのが
今回届けていただいた
新柄のブロックチェックの
リネンでした。

 

「春の装いに取り入れたら
すごく素敵だと思わない?」と
paumeさん 目を輝かせていました。

 

新しい作品が生まれる瞬間に
ささやかながら、
立ち会えたことに
わたしも心躍りました。

 

そんなエピソードのある
ブロックチェックの
巻きものほか
単色リネンの巻きもの。
ふんわりあたたかな
ウールガーゼの巻きものも
すべてpaumeさん
この巻きもの展のために
届けてくださいまして、
少しさみしくなっていた
展示室が一気に賑やかになりました。

 

muji

 

wool

 

突然 始めた 巻きもの展ですが
会期は3月31日までと
させていただきます。

 

4月1日から少しの間
1番奥の展示室は
次の展示の準備のために
一旦closeします。

 

興味を持ってくださった方が
いましたら、お見逃しないように
どうぞ足をお運びくださいませ。

 

paumeさんのアトリエにて

撮影された春の装い。

 

ストールの巻き方も

素敵です。

 

block

 

 

 

 

 

 

block blue

 

追申
先日のこと。
とある方が、
巻きもの展と聞いて
真っ先に脳裏に浮かんだのは
歴史的な’絵巻きもの’
だったそうで。

 

そうか!
それも面白いなぁ。と
思いがけずヒントを
いただきました。

 

歴史的な美術品とbacoは
到底縁がなさそうなので、
新進気鋭な雰囲気の絵巻きもの。

 

考えているだけで
鼓動が止まりません。

 

事情があって4月から
今までより更にスローペースに
成らざるを得ないのですが、
いつか実現させたいと
心に決めています。