2018.06.06

新入荷・文藝誌「園」創刊号

1

 

 

しずかに読みすすめていると、ふと
身体に熱がこもっていることに気づく。

 

美術や音楽など
共鳴する何かに触れた時
体温があがったり
血の巡りが活発になるような感覚を
無意識のうちに覚えることがある。

 

ただ その きっかけとなる’何か’には
そう頻繁に出会えるわけではないし
躍起になって探して見つかるわけでもない。

 

「園」と名づけられた文藝誌は
その数少ないうちの一つ。

 

冒頭の二行は「園」の創刊号を
読んでいた時のepisode。

 

 

bacoは書店では無いけれど
心から紹介したいと思う作品であれば
categoryとかgenreといった
境界線は必要ないのかもしれないな。と
ある日 気づいたのです。

 

こうして わたしの思うことを
文章にして綴るまでの間に
手に取り、連れて帰られた人も
居てくださり 心から嬉しいです。

 

 

‘6月6日に雨ざぁざぁ’だねぇ。

なんて、話していた今日。

関東も梅雨入りした模様。

 

雨の音に包まれて

ゆったりと「園」読む 時間。

考えてみただけで 心踊る。

 

今夏には第二号も発売されるとのこと。

 

読者のうちの一人としても
心待ちにしています。

 

 

3

 

“文藝誌「園」創刊号”

 

“あらゆる知識や感情に集う園

ポケットに収まる文藝誌

 

文藝誌 ” 園 “は、年間1冊刊行。

ポケットに収まる、新書サイズの文藝誌です。

 

本書は土地を耕し、豊かな緑や花、果実を蓄えるように、またそこに集まる人の賑わいや平穏、さみしさや苦しみ、あらゆる知識や感情に集う園として、2017年に創刊しました。
小さなその中に、様々な分野のエッセイやインタビュー、論文等を、写真や挿絵とともに掲載。常に新しい方向へ門戸を広げていきます。
ポケットにひそませ、傍らに置き、寝そべりながら、そうしてくたびれるまで、全ての日常へ連れていってください。
お気に入りの一文や言葉・知識に臆せず線を引いたり、あなたの言葉を書き込んでみたりしてみてください。
たくさんの人と家族と友人と、共有してください。
時にはあなたを代弁し、ひらめかせ、繰り返し思い起こされる言葉や写真、それらすべてが、往年の名曲のようにいつかノスタルジーを連れて、あなたの暮らしに寄り添う存在となることを願って。”
全104頁・800円+税
“括弧”内 – 文藝誌「園」official site・http://www.sono-magazine.jp より引用 –

2018.05.04

HARMONICA CREAMS「ステレオタイプ」より

 

 

ミュージシャン達のコメント

 

 

「Eve vote」

 

 

 

 

「alba」

 

 

あらゆる境界線
すべてを越えていけそうな音。

 

最高に かっこいい。

 

I wish this feeling to be conveyed 
to as many people as possible.

 

 

new album「ステレオタイプ」
レコ発ツアー@studio bacoまで
countdown 始まっています。

 

2018.5.11 friday
18:30 open・19:30 start

 

live act
HARMONICA CREAMS with 渡辺庸介

 

more information
http://studio-baco.com/live/1281/

2018.04.27

kirim▫︎To the west, to the east

new arrival!

 

we

 

届きました。

 

本日 発売です。

 

とにかく聴いてほしい。

 

ただ この ひとことに尽きます。

 

 

kirim  「To the west, to the east」
2018.4.27 on sale・2,000yen+tax
released & distributed by bud music, inc.

http://kirimmusic.com/news/post-1090/

 

 

1-とけこみたい
2-列車は走る
3-Sunrise
4-誰なの
5-INTO THE WATER
6-寝んねよ ころりよ
7-Another walk in a fog

2018.04.20

晴明から穀雨へ

c2

 

夢のような 17日の会期も
あっという間。

 

吉田麻衣子 陶磁器展「流雲」
のこり3日となりました。

 

全日とも開廊時間は
13:00-19:00。

 

会期最終日 4月22日 日曜日
吉田さん在廊予定です。

 

陶芸家 吉田麻衣子さん
料理家 ILG+ noriさん
bacoの思いが溢れるほど
この企画に詰まっています。

 

chapter-1の
あのsceneのよう。

 

その意味は
この場所にて。

 

お会いできることを
たのしみにしています。

 

http://studio-baco.com/info/1258/

2018.04.12

「流雲」に よせる話 その二

先日の話のつづきをしてみようと思います。

 

吉田麻衣子さんの工房を訪れる約束の日のこと。

 

どんな話をしよう。と考えながら

娘の朝の支度をこなす日常の時間に。

 

2015年 bacoにて開催した吉田さんの

個展「相関」時に展示された

立体作品は一文字で表すと凸。

 

逆の凹だったら‘何か 乗る’図が

一瞬 浮んで、すぐに消えました。

 

その残像を忘れてしまわないように

何度も頭の中に再現しつつ、

「吉田さん、どんな風に思うだろうか」と半分の躊躇。

 

吉田さんのもとへ向かう車内では

いろいろな思いが交差して

頭の中は、押し競饅頭状態。

 

工房へ到着、

拙い言葉で浮かんだイメージを伝えます。

 

「わずかでもへこみがあれば、それは器になるんですよね。

 人も、きっとそうですね。」

 

そんな風に私の話を受け止めてくださいました。

 

 

しつこいかな。と自分でも心配になるくらい

つくり手さんを好きだという自覚があるのですが、

それにちかい気持ちをよせる料理家さんが居ます。

 

そして その料理家さんが

‘私も負けているかも’と思ってしまうほど

吉田麻衣子さんの世界に

惹かれていることを知っていました。

 

‘何か 乗る’の、何かとは

まず、たべものではないか。

 

個展「流雲」によせて

凸と凹の発想から生まれた

object-plate。

 

2017年 6月 企画の発案。

2017年 10月 試作品の完成。

 

そして、2018年 1月

料理家 ILG+ noriさんの監修にて

ある種のinstallationが実現。

 

その記録として 全篇15分の映像を
会期中の開廊時間 上映しています。

 

こちらでは45秒のteaser movieを。

 

今回の個展「流雲」が 2人の作品の最初の接点であり、

あらたな門出となるように。と

とある部分に秘めています。

 

吉田麻衣子 陶磁器展「流雲」は

4月22日まで。

 

陶芸家 吉田麻衣子さんの作品。

料理家 ILG+ noriさんのinstallation。

 

心躍る この思いを

共有できたなら 嬉しく思います。