2017.07.15

kirim live “midsummer concert”@baco

kirim live “midsummer concert”@baco

2017.8.19 sat
open 18:30 / start 19:30
live act:kirim , rinne(o.a)
food&drink:2tree cafe
price:予約 2,500 / door 3,000

 

 

main act is…

kirim

http://www.kirim-music.com/


img_about_kirim-1

 

三橋ハルカ Vocal & Acoustic Guitar

柏佐織里 Keyboard & Melodica

和田佳憲 Drums & Glockenspiel

3人編成で2015年春に活動開始。


インディーフォーク、ポップス、カントリーをベースにした

シンプルで耳なじみの良いサウンドと

郷愁的なメロディーは、時に軽やかで時に繊細。

 

結成3ヶ月でレコーディングされた自主制作盤“First Session”は完売。

 

発売と同日に行われたリリースパーティーは

会場の動員記録を塗り替える大盛況で幕を閉じる。

 

2016年春には北関東〜中部〜関西を巡る

初のツアー“kirim Spring Journey”を成功させ、

各地のフェスティバルを回りながら

満を持して2016年11月にデビューアルバム

“WANDERLUST”をリリース。

 

 

 

2017.7.16 sunday  5:00

 

kirimの織りなす世界をたとえるなら
夢から覚めきれていない夜明けあとの
青く澄んだ朝のできごとのよう。

 

日々の積み重ねで
忘れてしまいそうになる
’じぶんのなかのなにか’が
蘇ってくるようで
わたしは胸がくすぐったい。

 

vocalの三橋ハルカさんは
何度お会いしても純真無垢。

 

それが楽曲に溢れていて
夢のなかのできごとのようで
しっかりと日常に寄り添う音が
ひびいている。

 

朝。
こどもを送り届けたあとの
帰り道。
決まって「WANDERLUST」に
tune upする。

 

窓の向こうに
広がる田園から吹く風。
小川に反射しては
揺れている陽の光。

 

この現実の世界も日常も
ひとつひとつの光景が
すばらしくて美しい。

そのことを思い出させてくれる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

2017.8.03 tuesday  16:44

 

結成・活動開始から2年あまりで
fujirock’17への出演を果たしたkirim。

 

bacoでのはじめてのliveは
2015年11月でした。

 

自主制作盤”First Session”が
releaseされてから まもない頃
だったと記憶しています。

 

その頃もう既にkirimの世界と
空気感がそこにあって、
その場に居合わせた方の
多くが惹きこまれていたこと。
それが ほんと。ついこの間の
できごとのようでいて
月日は着実に重なってゆき、
木道亭のステージで
演奏しているkirim。

 

bacoの夢が ひとつ
叶ったような感覚です。

 

木道亭のステージを実際この身で
体感できなかったことに正直
悔しさが滲むような気持ちを
抱えながら過ごしている
ここ数日間ですが、8月19日の
ステージは最初から最後まで
余すところなく噛み締めながら
楽しみたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

2017.8.07 monday  18:00

 

ひぐらしの鳴き声が
きこえてきました。

 

わずかに涼しさを感じられる
夏の夕暮れ前の すきな時間。

 

聴覚でも夏を認識している。
と感じて、嬉しくなります。

 

IMG_3620

 

dmが先日 仕上がりました。

 

技術的なことは ほとんど
持ちあわせていないのと
時間に追われながらの作業ですが、
できる範囲で企画毎に作る紙もの。

 

下手ですが、形になるたびに
嬉しくなります。

 

視覚的なもので音楽を伝えられるとは
到底思っていませんが、ただ
ひとつのきっかけとして
届けたい気持ちを込めて。

 

今回つかわせていただいた
kirimの写真。

 

あたたかい3人の
自然体な姿がおさめられた
この写真を。

 

県内の店舗さまを中心に設置の
ご協力をいただいております。

 

もしも どちらかで みかけた時は
手に取っていただけますと幸いです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

opening act is…

rinne

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

https://youtu.be/9l2AWpFjxg8

― リンネ
栃木県出身。
2017年2月よりSSWとしての活動を始める。

宇都宮をはじめ、佐野、那須等の

イベントやライブへ出演するなど

主に栃木県を拠点として活動している。

 

 

〔前売ご予約・お問い合わせ〕
電話でのご予約は028-666-8715まで。

メールでのご予約は

件名『 8/19 ライブ予約』 お名前と人数を明記の上
studio85baco@gmail.com 迄
お願いします。

 

〔studio baco〕
〒321-3225
栃木県宇都宮市満美穴町413-1
telephone 028-666-8715
http://studio-baco.com/

 

・はじめて(またはしばらくぶりに)
 ご来場をされる場合はスマートフォンなどで

 google mapのご利用をおすすめしております。

・カーナビゲーションのご利用では
 正確なポイントでの案内にならないことが多く
 極力混乱を避ける為に上記のご案内をしております。


・県外など遠方から電車などの

 公共交通機関を利用されて
 ご来場を予定している方や

 アクセスについての全般

 その他、ご不明なことがございましたら
 studio baco(028-666-8715)まで
 どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

 

〔お子様を連れて参加を希望される方へ〕
・お子様にも音楽に触れる経験を
 という思いから、お子様連れの参加もbacoは歓迎します。
 ただし、最低限のルールを守っていただいた上で
 親子で楽しく参加していただけますと幸いです。

・大人の方お1人の入場につき、お子様1人まで無料です。
 2人目より子供料金として1500円を入場時にいただきます。

・席に限りがあり、より多くの方にゆっくりと
 過ごしていただきたいと思っておりますので、

 (チャージ無料のお子様に関しまして)
 混雑時では膝の上に抱っこしていただく等の配慮を
 出来る限りお願い致します。

・イベント中は お子様から出来る限り

 目を離されませんよう、お願いします。

 万が一、上記に対して著しく配慮に欠ける状況にて

 展示作品(商品)・機材等の破損が発生した場合は
 不本意ながら破損品代金を請求させていただきます。

 

* 老若男女に関わらず、音楽空間を共有していただくためには

 ご来場される方の ご理解とご協力が必要不可欠です。

 どうぞ よろしくお願い申しあげます。

2017.04.08

Yasei Collective Live Tour 2017 “FINE PRODUCTS”

2017年6月18日(日)
 
出演 /  Yasei Collective / keshiki
 
FOOD&DRINK / 2tree cafe
 
Yasei Collective
 
2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年には1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年には、柳下“DAYO” 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。 発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREE STARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』をリリース。2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースする。2017年1月にはブルーノート東京でのワンマンライブを成功させている。
 
keshiki
9c72e1_e1d719fd5d634aafaf927833ee861401
小堀と加藤の2人で活動しているユニット。
ポストロックとエレクトロニカの要素を持ち合わせ、「keshiki.」が垣間見られる音を奏でる。
 
open 17:30
start 18:30
 
music charge
adv/3000yen,day3500yen
 
place
studio baco
[前売ご予約・お問い合わせ]
電話でのご予約は028-666-8715まで。
メールでのご予約は
『 6/18 ライブ予約』お名前と人数を明記の上、
studio85baco@gmail.com まで。
 
栃木県宇都宮市満美穴町413-1
TEL 028-666-8715
 
〔お子様を連れて参加を希望される方へ〕
・お子様にも良い音楽に触れる経験を持って欲しい
 という思いから、お子様連れの参加もbacoは歓迎します。
 ただし、最低限のルールを守っていただいた上で
 親子で楽しく参加していただけますと幸いです。
・大人の方1人につき、お子様1人は無料、
 2人目より子供料金として1500円を入場時にいただきます。
・席に限りがあり、より多くの方にゆっくりと
 過ごしていただきたいと思っておりますので、
 (チャージ無料のお子様に関しまして)
 混雑時では膝の上に抱っこしていただく等の配慮を
 出来る限りお願い致します。
・イベント中は お子様から目を離されませんよう、
 お願い申しあげます。
・万が一、お子様のいたずら等が原因で
 ギャラリーの展示作品・機材等の破損が発生した場合、
 誠に恐縮ではございますが、保護者様へ代金を
 請求させていただくことになりますので、
 あらかじめ、ご了承くださいませ。
・以上、ご理解とご協力の程、
 よろしくお願い申しあげます。

2017.02.15

MKS Project JAPAN TOUR 2017

2017年2月24日(金)
 
出演 / MKS Project / Yasei Collective / keshiki(O.A)
 
FOOD&DRINK / 2tree cafe
 
MKS Project
 
Yasei Collective
 
2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年には1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年には、柳下“DAYO” 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。 発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREE STARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』をリリース。2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースする。2017年1月にはブルーノート東京でのワンマンライブを成功させている。
 
O.A. / keshiki
9c72e1_e1d719fd5d634aafaf927833ee861401
小堀と加藤の2人で活動しているユニット。
ポストロックとエレクトロニカの要素を持ち合わせ、「keshiki.」が垣間見られる音を奏でる。
 
 VJ / Bori
13988835_888758534590011_1156067492_n
LosingMySilentDoors / 音景-Onkei-
Haru & Bori with VJ Manako
Band / VJ / Event Produce

● LosingMySilentDoors
2008年、ロックンロール・バンドのLosingMySilentDoorsを結成し全楽曲を制作、2009年1月に1st EP「Aurora EP」をリリース。2011年12月、待望の1stアルバム「Blue Shift : Prelude to Space」をリリース。東京近郊を中心に精力的にライヴ活動を展開している。2015年10月に「月の影の方へ/深い闇を知るほど」シングルリリース。

● VJ Bori(LosingMySilentDoors/音景-Onkei-)
バンド活動の傍らVJ BoriとしてVJ活動を開始し、VJイベントを発展させた光と音の融合したイベント「音景-Onkei-」をstrange world’s endと共同主催して東京近郊を中心に定期開催している。

● Haru & Bori with VJ Manako
2016年、音響ユニットHaru & Bori with VJ Manakoでの活動を開始し、生音と打ち込みと映像を融合させたオーガニックなサウンドを響かせている。
 
open 18:30
start 19:00
 
music charge
adv/2500yen,day3000yen(ドリンク代別途)
 
place
studio baco
[前売ご予約・お問い合わせ]
電話でのご予約は028-666-8715まで。
メールでのご予約は
『 2/24 ライブ予約』お名前と人数を明記の上、
studio85baco@gmail.com まで。
 
栃木県宇都宮市満美穴町413-1
TEL 028-666-8715
 
〔お子様を連れて参加を希望される方へ〕
・お子様にも良い音楽に触れる経験を持って欲しい
 という思いから、お子様連れの参加もbacoは歓迎します。
 ただし、最低限のルールを守っていただいた上で
 親子で楽しく参加していただけますと幸いです。
・大人の方1人につき、お子様1人は無料、
 2人目より子供料金として1500円を入場時にいただきます。
・席に限りがあり、より多くの方にゆっくりと
 過ごしていただきたいと思っておりますので、
 (チャージ無料のお子様に関しまして)
 混雑時では膝の上に抱っこしていただく等の配慮を
 出来る限りお願い致します。
・イベント中は お子様から目を離されませんよう、
 お願い申しあげます。
・万が一、お子様のいたずら等が原因で
 ギャラリーの展示作品・機材等の破損が発生した場合、
 誠に恐縮ではございますが、保護者様へ代金を
 請求させていただくことになりますので、
 あらかじめ、ご了承くださいませ。
・以上、ご理解とご協力の程、
 よろしくお願い申しあげます。

2016.08.26

SenkawosとLotus Landのダブルリリパ!宇都宮篇

10月8日(sat)

前売 ¥2,500(+1D) / 当日 ¥3,000(+1D)
OPEN 18:00 / START 18:30

 

【Live】
Senkawos
Lotus Land
ボンキーズ

【Food / Drink】
サカヤカフェマルヨシ

 

senkawos_photo

Senkawos
ライヴハウスから野外フェスティバルまで、多彩な音楽性を武器に縦横無尽にアクトを展開する5人組。ポストポップを感じさせるヴォーカル曲からプログレ・ジャズ・フュージョン・ポストロック・ディスコ・ジャムバンドの流れが感じられる踊れる変拍子インストゥルメンタルまで、バリエーション豊かかつ秀逸に練り上げられたアレンジが魅力の全9曲を収録した最新作「Fork」を2016年9月7日に全国一斉発売。

http://www.senkawos.org/

 

ph_lotusland

Lotus Land
2013年結成。

Nu Disco / Nu Jazz / Deep Houseを軸に、珠玉のクラブDJを生演奏で再現したようなgood soundでフロアを揺らすトリオバンド。

earth garden、Freedom Sunset、Circus 0(鳥取)、秘境祭など フェスにも多く出演し、自主企画 【DISCOPIA vol.1】では CRO-MAGNON、toconoma、Senkawos等と共演した。

2015年7月、初の流通版となる8曲入りCD「Lotus Land」をリリースし、主要CDショップJAZZチャートで軒並みチャートインを果たした。

http://lotusland-discopia.com

 

 

14074516_10207160344113195_687687223_o-2

ボンキーズ/Bonkees

アメリカ人のVictoriaと、 日本人の佐久麻 誠一からなる、 弾き語り、叩き語り、増えたり混ざったり形なき、

自由奔放音楽ユニット。

場所を選ばず、人を選ばず、くくられる事なく自由に歌うのである。

digda(jam band)、JNT(jazztrio)と名前や編成を自由に変えながら、年間150本以上のliveを全国、はたまた台湾など海外でも精力的に展開している夫婦だ。

いたる所に飛び回り、そう文字のごとく音楽をする二人。

ぼんやり、 しっぽり、 ときにオセンチ、 ときにおちゃらけ、和んだら、 ときどき真面目に語り合い、 酔いつぶれては歌うのです。

そんなこんなを歌にして、 お茶の間2畳半からボンキーズ!!

世界へ向けて Love&Peace!!Laugh&Hope!!

2015年から松浦晃久プロデュースによる音源制作も開始、

にいがた総おどり 15周年テーマソングに 《いろとりどり》が決定! そして、初のsingleCDも発売開始!

 

place
studio baco
http://www.studio-baco.com/
[前売ご予約・お問い合わせ]
電話でのご予約は028-666-8715まで。
メールでのご予約は
『 10/8 ライブ予約』お名前と人数を明記の上、
studio85baco@gmail.com まで。
 
栃木県宇都宮市満美穴町413-1
TEL 028-666-8715
 
〔お子様を連れて参加を希望される方へ〕
・お子様にも良い音楽に触れる経験を持って欲しい
 という思いから、お子様連れの参加もbacoは歓迎します。
 ただし、最低限のルールを守っていただいた上で
 親子で楽しく参加していただけますと幸いです。
・大人の方1人につき、お子様1人は無料、
 2人目より子供料金として1500円を入場時にいただきます。
・席に限りがあり、より多くの方にゆっくりと
 過ごしていただきたいと思っておりますので、
 (チャージ無料のお子様に関しまして)
 混雑時では膝の上に抱っこしていただく等の配慮を
 出来る限りお願い致します。
・イベント中は お子様から目を離されませんよう、
 お願い申しあげます。
・万が一、お子様のいたずら等が原因で
 ギャラリーの展示作品・機材等の破損が発生した場合、
 誠に恐縮ではございますが、保護者様へ代金を
 請求させていただくことになりますので、
 あらかじめ、ご了承くださいませ。
・以上、ご理解とご協力の程、
 よろしくお願い申しあげます。

 

2016.08.11

minakumari × 清野美土 うたとシタールとハモニカのTOUR 秋色編


不思議な楽器の組み合わせが、ポップス、インド、ブルースの垣根を溶かすカラフル・セッションツアー。インドの幻想的な弦楽器シタールを弾きながら多言語をうたう、柔らかくてスウィートなミナクマリの世界。一方、欧州を中心に各地民族のフィーリングを吸収し、十年以上ハモニカで世界を巡り続ける清野美土。二人の音楽が会話するように重なってゆく。

出演 : minakumari(歌&シタール)、清野 美土(ハモニカ)

日程:2016/9/10(土)
時間:OPEN18:30 / START 19:00
料金:予約 2800円、当日 3300円 (ともに要1Drinkオーダー)

場所:〒321-3225 栃木県宇都宮市満美穴町413-1
TEL 028-666-8715
http://studio-baco.com


■minakumari(ミナクマリ)
シンガー・ソングライター&シタール奏者
http://minakumari.net
13942297_665488543610138_619327394_n
ガールズバンドCATCH-UPの作詞作曲ギタリストとしてデビュー。インドにてシタール奏者モニラルナグ氏に師事。CHARA、ゴンザレス三上(GONTITI)やリップスライムのアルバムレコーディングやライブ、そしてハナレグミ、七尾旅人やジェームスイハとのセッションに参加するなど、数多くの場でその童謡のような歌声とシタールを響かせる。2015年3rdアルバム『Meena』リリース。同年、4月NHKの朝の連続ドラマ小説「まれ」で「I am here」が劇中曲として取り上げられた。


■清野 美土(キヨノヨシト)
ハモニカ奏者

http://yoshitokiyono.com

14012509_665488843610108_1278834767_o
2005年サーカス学校へ入学するために渡仏。パリのブルース、アフロ音楽シーンを拠点にハモニカ奏者として研鑽を積む。イレール・ペンダ・カルテット、マッドキャット等で欧州各地のフェスティバルに出演する。
帰国時には仙波清彦、中村達也、吾妻光良、サンコンjr.等との共演に加え、振付家/白神ももこのダンス公演や越後妻有「大地の芸術祭」での楽曲制作などアートシーンでも活動する。作曲・主宰するハモニカクリームズでは3枚のアルバムを発表し、2012年スペインのオルティゲイラ国際ケルト音楽賞にて優勝を獲得する。(独)ハモニカメーカー「SEYDEL (サイドル)」のオフィシャル・エンドーザー。

 

FOOD&DRINK

サカヤカフェマルヨシ http://sakaya-cafe-maruyoshi.org/

safe_image

もともと小さな酒屋だった建物を改装してつくられた

「サカヤカフェマルヨシ」。

1Fは栃木県産地粉と天然酵母を使用したパンやお菓子を、

2Fは栃木県産食材を使用した“栃木イタリアン”を提供。

平日でも、予約無しではなかなか入れないカフェの料理は、極めておいしいのです。

 

[前売ご予約・お問い合わせ]
電話でのご予約、問い合せは028-666-8715(studio baco)まで
メールでのご予約は日程、お名前&人数を明記の上studio85baco@gmail.comまでご連絡ください。


*18歳未満の高校生、中学生、小学生は予約 & 当日とも半額。未就学児は無料。