2016.04.01

新学期と蚕と繭の関係と松田かやさんの作品到着。

4月がはじまりました。

 

新年度・新学期とは
縁の遠いbacoではありますが、
どことなく身の引き締まる
感覚があります。

 

そして1年前の今日も
きっと同じようなことを
呟いていたように感じます。

 

そして
数日前の出来事。

 

作り手の松田かやさんが作品を
多数届けてくださいました。

 

matsuda kaya 1

 

今回の作品は鮮やかな色の
ブローチやイヤリングたち。

 

matsuda kaya 2

 

素材はフェルトや糸。

 

matsuda kaya 3

 

フェルトは成形から。
糸も一部染色からされて
作られているそうです。

 

matsuda kaya 4

 

松田かやさんの作品を
bacoで見かけたことのある方は
今回の配色に少し
驚かれたかもしれません。

 

わたしも数日前。
第一印象ではそうでした。

 

ですが、その考えは
数時間も経たないうちに
わたしの中で「ある結論」に
達しました。

 

そのお話はbacoで
作品を前にさせて
いただこうと思います。

 

ここからは、
松田かやさんの
ご紹介を。

 

…………………………

 

松田かや

 

1986年
芸術家の両親の留学中に
ドイツにて生を受ける。

 

1989年
日本に帰国。
その後は茨城県笠間市にて育つ。

 

2008年
東北芸術工科大学
工芸コース卒業。

 

その後、作家活動を開始するとともに
衣服造形家 眞田岳彦さんが主宰する
眞田塾に在籍。

 

2014年より
横浜美術大学に職員として勤務。

 

現在、植物を中心に
パラフィンや和紙・真綿などを使用し
身に着けることの出来る
オブジェとなるアクセサリーや
インテリアとしての装飾品、
インスタレーションなど
様々な形態で制作をしている。

 

…………………………

 

わたしが、かやさんと
はじめてお会いしたのが
たしかbacoを始める
ちょうど1年前の2010年春でした。

 

かやさんが23歳。
わたしは26歳だった頃。

 

その時、
かやさんの作品に溢れる才能を感じ
bacoのopenが現実的に濃厚に
なったら必ずお誘いしよう。と
堅く、心に誓ったことや
その時の衝動感覚だけは
忘れっぽいわたしですが、
今でも鮮明に覚えています。

 

そして、その時の記憶は
脳内で眩しいくらいのtoneに
変換されて思い出されます。

 

その後の6年間のことは話し出すと
さらに長くなるので、割愛します。

 

ただ、今ひとつだけ言えるのは
蚕が作り出す繭が貴重な素材となるように
‘松田かや’という作り手の生み出す作品は
唯一無二の貴重な存在で
bacoがまだ始まってもいなかった頃から
ずっと、あたため続けてきた
大切な作り手の一人だということ。

 

そんな、かやさん
ご多忙中にもかかわらず
先日bacoを訪問してくださいまして
本当に色々なお話をしました。

 

そして、ここから1年の間に
「bacoで個展を開催しましょう」と
約束を交わしました。

 

2011年に始めたbacoも
4月23日で’5さい’の
誕生日を迎えます。

 

そんな節目の1年で
松田かやさんの個展を
開催できたなら
とても感慨深い
出来事になると
確信しています。

 

みなさん実現することを
楽しみにしていてください。

2016.03.10

paumeさんとの密談からの新柄 「即興 巻きもの展」

寒暖の変化がある時期。

 

リネンのストールが
必需品な この頃です。

 

名前のまだない
bacoの1番奥の展示室にて
ひそかに開催中の
「即興 巻きもの展」

 

2月から3月になり、
春の訪れとともに
みなさん それぞれに楽しんで
ご覧いただけている様子
嬉しく思っています。

 

‘ほらあな’的と言いますか
とても小さな空間なのですが、
そこが寧ろ安心感があるでしょうか。

 

何処となく「ほっ。」と、されて
滞在時間も長いように感じています。

 

そんな巻きもの展に
paumeさんから
新しい作品が届きました。

 

block2

 

paumeさんは普段
質の良いリネンを中心に
お洋服を縫われて
県内を中心に
活動されている方です。

 

先日bacoにてpaumeさんと
密談を交わした際に
リネンについてや
普段の何気ないことなど
お話していた時間の中で
paumeさんが
ふと発見されたのが
今回届けていただいた
新柄のブロックチェックの
リネンでした。

 

「春の装いに取り入れたら
すごく素敵だと思わない?」と
paumeさん 目を輝かせていました。

 

新しい作品が生まれる瞬間に
ささやかながら、
立ち会えたことに
わたしも心躍りました。

 

そんなエピソードのある
ブロックチェックの
巻きものほか
単色リネンの巻きもの。
ふんわりあたたかな
ウールガーゼの巻きものも
すべてpaumeさん
この巻きもの展のために
届けてくださいまして、
少しさみしくなっていた
展示室が一気に賑やかになりました。

 

muji

 

wool

 

突然 始めた 巻きもの展ですが
会期は3月31日までと
させていただきます。

 

4月1日から少しの間
1番奥の展示室は
次の展示の準備のために
一旦closeします。

 

興味を持ってくださった方が
いましたら、お見逃しないように
どうぞ足をお運びくださいませ。

 

paumeさんのアトリエにて

撮影された春の装い。

 

ストールの巻き方も

素敵です。

 

block

 

 

 

 

 

 

block blue

 

追申
先日のこと。
とある方が、
巻きもの展と聞いて
真っ先に脳裏に浮かんだのは
歴史的な’絵巻きもの’
だったそうで。

 

そうか!
それも面白いなぁ。と
思いがけずヒントを
いただきました。

 

歴史的な美術品とbacoは
到底縁がなさそうなので、
新進気鋭な雰囲気の絵巻きもの。

 

考えているだけで
鼓動が止まりません。

 

事情があって4月から
今までより更にスローペースに
成らざるを得ないのですが、
いつか実現させたいと
心に決めています。

2016.02.19

こども おんがく隊

あたたかい日の散歩は
気持ち良いです。

 

田園風景が広がる
田舎道を娘とならんで歩き、
太陽の光を浴びるだけで
身も心も元気になります。

 

 

さて、きょうは
bacoの一角に気まぐれに現れる
「こども おんがく隊」
スペースのご紹介です。

 

12734195_814670595333265_7481999610555742559_n

 

toy piano,ukulele,triangle,
mini drum,slit drum,
cajon,xylophone…..

 

すきな楽器を
どうぞ自由に
鳴らしてくださいね。

 

数年前のできごと。
ちいさな おきゃくさまが
bacoにきてくれた時
お母さんにひそひそ声で
喋りかけていました。

 

あぁ、緊張しているんだな。と
気づきました。

 

緊張感を持つことは決して
悪いことではないけれど、
せっかくbacoに来てくれたのなら
ちいさな おきゃくさまにも
楽しんでいただこう。と
その時に思ったことがきっかけで
「こども おんがく隊」スペースを
作ることにしました。

 

フリースペースですので、
ゆずりあっていただければ
1才くらいのお子さまから
とくに年齢制限はありません。

 

但し、ライヴイベント当日は
LIVEへの配慮のため
仕舞っておきます。

 

その他どうしてもスペースの問題で
場所のご用意ができない時も
あるかと思いますが、
その時はsketch bookと
stockmarのcrayonを
ちいさなguestさんのために
用意しておきます。

 

 

「こども おんがく隊」の中でも
真っ赤な色が目をひく小太鼓は
BONNEY DRUM JAPANのもの。

 

神奈川県 南足柄市に工房を構える
知る人ぞ知る ドラムメーカーです。

 

この小太鼓。
手が込んでいます。

 

12144685_814670631999928_473469936575914690_n

 

ウッドシェルを採用し、
ヘッドは山羊皮、
専用の六角レンチで
チューニングも出来るという
本格的な作りになっています。

 

♭ シェル = 胴体
♯ ヘッド = 打面

 

BONNEYの刻印入りの
専用スティックも
かわいいです。

 

本皮のsoundは
とても心地良いので、
本物志向のお子さまだけでなく
ちがいの分かる大人の方にも
ぜひ叩いていただきたいです。

 

 

それから
織作家 hoen?さんの
rompers。

 

12734158_814670608666597_2553851763662468089_n

 

hoen?さんはご存知の方も
いらっしゃると思いますが
4/8にbacoでLIVEをしてくださる
arcoさんと同一人物。

 

音楽活動をarcoとして
織作家活動をhoen?として
ふたつの顔を持っています。

 

12743846_814670621999929_8406095399666851773_n

 

蝶ネクタイをつけた しろくまが
guitarを弾いている姿と
このとぼけた表情に
心奪われるかたが
少なくありません。

 

しろくま と ♪ のモチーフは
originalのdesignで製版した
孔版画の技法の一つである
シルクスクリーンで
一着一着、刷られています。

 

rompersのほかに
春先にちょうど良い長袖Tシャツ。
先どりの先どりで半袖Tシャツも
蝶ネクタイの色違いで

オレンジとモスグリーンと

いろいろあります。

 

気に入っていただけた方には
小太鼓と子供服は
購入することもできます。

 

お祝いやプレゼントにも
おすすめです。

 

「こども おんがく隊」
子供も大人も自由に
弾いたり、叩いたり、
とぼけた表情の白熊に会いに
あそびにいらしてください。

2016.01.17

佐々倉文さん モビール作品「風船と人」「筋斗雲」

朝起きると
向かいの畑は
うっすら雪化粧。

 

暖冬と言われていましたが
いよいよ冬本番でしょうか。

 

寒くなると
巣ごもりしたくなる
この頃。

 

今日は佐々倉 文さんの
モビールをご紹介します。

 

 

「筋斗雲」

 

筋斗雲

 

 


「風船と人」

 

風船と人

 

 

たとえ
巣ごもりしていても、
雲に乗ってどこまでも
飛んで行けそうな。。。

 

そんな疑似体験を
生み出してくれそうです。

 

 

この作品は特に
写真という平面の世界では
魅力を伝えきれないので
ぜひ実作品をご覧くださいませ。

 

 

写真の「風船と人」は
bacoに届いてから間もないうちに
素敵な方の元へ旅立たれましたが、
近いうちに佐々倉さんが

また別の風船と人を
届けてくださる予定です。

 

 

さて、ここから冬本番。

 

みなさま どうぞ
お身体に気をつけながら
お過ごしくださいませ。

2015.12.20

吉田麻衣子さんの花瓶いろいろ

世間がすっかり
christmas色に染まる
この季節。

 

bacoは、いたっていつも通りの
おだやかな日曜日に
吉田麻衣子さんの作品が
届きました。

 

茨城県に工房を構え
作陶されている吉田さん。

 

bacoを訪れるかたの心も
着実に掴んでおります。

 

新しく仲間入りした作品を中心に
それ以外の作品もあわせて
ご紹介します。

 

yoshida 4

 

 

yoshida 3

 

高さ17cm程の花瓶。

 

高さ10cm程の小瓶がいろいろ。

 

yoshida 1

 

青いシリンダー状の小瓶に
オリーブグレーの球がちょこんと乗る作品。
実は蓋もの作品となっています。
蓋を外すと、一輪挿し。
オブジェとしての面白さもあり、
どんな方がどんな使い方をしてくださるのだろう。と
想像してみたり。

bacoはこういった作品が特に好きです。

 

yoshida 2

 

そして高さ6cm程のリングホルダー。
うち、右側は銀彩。

 

吉田さんの制作する作品は
幾つかのカテゴリにわけられ、
今日ご紹介した作品は
その中のひと握りなのですが、
また近いうちに他の作品も
ご紹介したいと思います。

 

今年の夏に開催した個展「相関」を経て、
どの作品もbacoとしても
吉田さんに出来る限り近い気持ちで
お届けしていきたいという
気持ちがより一層強くなりました。

 

5年目にしても尚、
bacoのgalleryはまだまだ発展途上
勉強不足だったりもしますが、
2015年は足繁く通ってくださるお客さまが多く
毎回あたたかなお言葉をかけてくださり、
bacoに関わってくださる作り手さんは
人柄も含めて、みなさん魅力的な方ばかりで
何度助けられたことか。

 

まだ今年はあと10日もあるのに
何だか1年の締めくくりのような
文面になってしまいましたが、
bacoは年内まだあと一週間程営業しまして
2015の営業は27日までとなります。

 

28日から1月5日まで

年末年始のお休みをいただき、
新年の営業は1月6日 12:00からとなります。

どうぞよろしくお願いします。