2016.04.03

桜と青空と菜の花のコントラストと「t shirtsというキャンバスをみつけた」

桜をもとめて出かける週末。

 

あちらこちらで
お祭りがひらかれていて
街も人も何だか明るい気がします。

 

きのうはなんとなく
花曇りの一日で、
今も似たような空模様ですが
きょうは晴れると良いですね。

 

わたしの生まれ育った
栃木県南部のちいさな田舎町は
渡良瀬川が流れていて
その川沿いの桜並木の
あしもとには菜の花が咲くんです。

 

天気の良い日は
桜の色・青空の色・菜の花の色
そのコントラストが綺麗で
「ああ、何もない
こんな田舎町だけれど、
良いものだな」なんて、
地味に思うのです。

 

bacoをはじめてから
なかなか帰れなくなっているのですが
その風景は、いつか娘にも
見せてあげたいと思っています。

 

 

今日は
毎年恒例になりつつある
tshirts展の開催が
決まりましたので
お知らせします。

 

0001

 

「tshirtsというキャンバスをみつけた」

2016.4.29 fri – 6.05 sun

 

絵、刺繍、織、三人の作家が
それぞれに表現する
tshirtsという名のキャンバス。
artを纏う感覚の
あなたにぴったりな一着が
みつかりますように。

 

〔つくる人たち〕

 

takanori masutani – tokyo – 絵
‘brian hushewell’という音楽家の
「0.7」という音源。
それは絵描きtakanori masutaniの
シルクスクリーンと
手描きを織り交ぜた
キャンバスの上に存在する
空想のなかの架空の物語。

 

moi – chiba – 刺繍
震災を経験した直後の
2011年春 制作のtshirts作品に
2016年 再び息を吹き込む。
5年の時を経て、過去と現在が
キャンバスの中に共存する。

 

hoen? – utsunomiya – 織
今季は、はじめての試みで
ゲスト作家さんをお迎えして
コラボレーション作品を
発表されるかも…?
ただいま計画中。
どうぞお楽しみに。

 

 

2014年からはじめたtshirts展も
今回で3回目。

 

今年は春の連休からはじまり
初夏まで 1か月程の開催です。

 

会期に近づく頃、
作家さんたちより
情報が入り次第
随時、ご紹介・お知らせを
させていただきますね。

 

それでは みなさま
お花見日和の
良い日曜日を
どうぞお過ごしください。

 

 

追記
4月より営業時間と
定休日が変わりました。

 

open:水・木 15:00-24:00
     金・土・日 12:00-24:00
close: 月・火


今週は6日水曜日15:00からの
営業となります。

 

ご不便・ご迷惑をお掛けしますが
どうぞよろしくお願いします。

2016.04.02

bacoで撮影されたmusic videoがまたひとつ増えました。

先日bacoで撮影された
music videoが
公開されました。

 

宇都宮を拠点に活動しているバンド
Someday’s Gone
「Say No More」

2016/04/01

 

 

春の柔らかい日差しを
存分に感じられる作品に
仕上がっていて、
bacoが何倍増かで
映っています。

 

そんな作品を生み出した方は
栃木県宇都宮市在住のカメラマン
吉田友樹(吉田ハレラマ)さん。

 

‘ほのぼの‘とした雰囲気を漂わせる
作品を撮られる方です。

 

実はbacoで撮影された

music videoは
過去に3作品あって、
今回で4作品目。

 

ただ全編bacoが撮影地になったのは
今回の作品が初めてとなります。

 

のどかな田園風景から始まり
bacoのエントランスから店内を
ワンカット (長回し)で
流れるように撮影されていて
bacoに来たことのある方にとっては
「そう。そう。」と
馴染みのある風景。

 

まだいらしたことのない方にとっては
’謎のお店’というイメージから
すこしだけbacoの雰囲気を
感じ取っていただけるかと思います。

 

過去に撮影された作品の
ご紹介が、今まできちんと
出来ていなかったように
思えましたので、このタイミングで
ひとつの記事に纏めてみました。

 

興味のあるかたは
どうぞご覧いただけますと幸いです。

 

 

 

はいざらこうかん

「SNIPER」

2015/05/19

 

bacoとも縁の深いバンド

はいざらこうかん。

 

こうして応援しているバンドさんの

music videoの舞台として

つかっていただけたことを

とても幸せに思います。

 

 

 

 

ユビキタス

「パラレルワード」

2014/08/04

 

はじめてbacoが撮影地になった

記念すべきmusic video。

 

 

 

 

オトループ

「ニシカ」

2015/02/03

 

一作品目のユビキタスと

同じレーベル所属のバンド

オトループ。

 

 

〔これからmusic video撮影を考えているバンドさんへ〕

今回ご紹介させていただいたmusic videoは

studio bacoのカフェスペースにて撮影されました。

 

もちろん、music video撮影中は

音出し可能です。

 

ホールレンタルについては

カフェスペースのみ貸切の場合 1時間 3,000円。

 

その他、スムーズな撮影を望まれる場合には

当店の主な運営業態はリハーサルスタジオですから

A ,B 両studioまで貸切していただく必要があり、

別途利用料が発生致します。

各スタジオの料金についてはこちら

(平日、日中の時間でしたら、実は貸切しやすかったりします。)

 

その他、レンタル機材も貸出可能です。

但し、こちらも別途利用料が発生致します。

機材リスト・料金についてはこちら

 

お問い合わせ・ご質問・ご相談がありましたら

tel:028-666-8715

mail:studio85baco@gmail.comまで

お気軽に、ご連絡ください。

 

お電話でのお問い合わせは営業時間内にてお願い致します。

mailでのお問い合わせには回答に日数をいただきますので

あらかじめご了承くださいませ。

 

また、ひとつ、すてきなmusic videoが

生まれることを楽しみにしています。

2016.04.01

新学期と蚕と繭の関係と松田かやさんの作品到着。

4月がはじまりました。

 

新年度・新学期とは
縁の遠いbacoではありますが、
どことなく身の引き締まる
感覚があります。

 

そして1年前の今日も
きっと同じようなことを
呟いていたように感じます。

 

そして
数日前の出来事。

 

作り手の松田かやさんが作品を
多数届けてくださいました。

 

matsuda kaya 1

 

今回の作品は鮮やかな色の
ブローチやイヤリングたち。

 

matsuda kaya 2

 

素材はフェルトや糸。

 

matsuda kaya 3

 

フェルトは成形から。
糸も一部染色からされて
作られているそうです。

 

matsuda kaya 4

 

松田かやさんの作品を
bacoで見かけたことのある方は
今回の配色に少し
驚かれたかもしれません。

 

わたしも数日前。
第一印象ではそうでした。

 

ですが、その考えは
数時間も経たないうちに
わたしの中で「ある結論」に
達しました。

 

そのお話はbacoで
作品を前にさせて
いただこうと思います。

 

ここからは、
松田かやさんの
ご紹介を。

 

…………………………

 

松田かや

 

1986年
芸術家の両親の留学中に
ドイツにて生を受ける。

 

1989年
日本に帰国。
その後は茨城県笠間市にて育つ。

 

2008年
東北芸術工科大学
工芸コース卒業。

 

その後、作家活動を開始するとともに
衣服造形家 眞田岳彦さんが主宰する
眞田塾に在籍。

 

2014年より
横浜美術大学に職員として勤務。

 

現在、植物を中心に
パラフィンや和紙・真綿などを使用し
身に着けることの出来る
オブジェとなるアクセサリーや
インテリアとしての装飾品、
インスタレーションなど
様々な形態で制作をしている。

 

…………………………

 

わたしが、かやさんと
はじめてお会いしたのが
たしかbacoを始める
ちょうど1年前の2010年春でした。

 

かやさんが23歳。
わたしは26歳だった頃。

 

その時、
かやさんの作品に溢れる才能を感じ
bacoのopenが現実的に濃厚に
なったら必ずお誘いしよう。と
堅く、心に誓ったことや
その時の衝動感覚だけは
忘れっぽいわたしですが、
今でも鮮明に覚えています。

 

そして、その時の記憶は
脳内で眩しいくらいのtoneに
変換されて思い出されます。

 

その後の6年間のことは話し出すと
さらに長くなるので、割愛します。

 

ただ、今ひとつだけ言えるのは
蚕が作り出す繭が貴重な素材となるように
‘松田かや’という作り手の生み出す作品は
唯一無二の貴重な存在で
bacoがまだ始まってもいなかった頃から
ずっと、あたため続けてきた
大切な作り手の一人だということ。

 

そんな、かやさん
ご多忙中にもかかわらず
先日bacoを訪問してくださいまして
本当に色々なお話をしました。

 

そして、ここから1年の間に
「bacoで個展を開催しましょう」と
約束を交わしました。

 

2011年に始めたbacoも
4月23日で’5さい’の
誕生日を迎えます。

 

そんな節目の1年で
松田かやさんの個展を
開催できたなら
とても感慨深い
出来事になると
確信しています。

 

みなさん実現することを
楽しみにしていてください。

2016.03.29

kirim Spring Journey 2016 live act:「arco」紹介

「Kirim Spring Journey 2016」
@studio baco 04.08

 

live act
singer song writer
arcoさんより
messageが届きました。

 

IMG_1445

 

春の香りが日に日に色濃くなってきている

今日この頃。

 

今回kirimさんツアーの栃木編で
日頃からお世話になっている
studio bacoさんでの共演を
とても嬉しく思っております。

 

きっと素敵な夜になるのだろうなぁ〜◎◎
どきどき。わくわく。

 

昨年末から始めたイラストレーターの
アライマリヤさんとの映像ユニット
『マリアル』の曲からも演奏したいなぁ。

 

みなさまのご参加お待ちしております♪

 

arco

 

IMG_1446

 

ここからは少しだけ

arcoさんの作品をご紹介します。

 

…………………………………………………………

 

arco 「ある日のこと」

 

息子さんが写りこんでいたり

arcoさんの日常を

限りなく普段通り

きりとったMVに仕上がっています。

 

というのも、arcoさんから

お話をうかがってみると

なんと、このMVは撮影・編集を

ご主人さまが手がけているとのことで

手作りの愛情あふれる作品です。

 

 

…………………………………………………………

 

マリアル 「はじめのいっぽ」

 

カラフルなのにやわらかい
ほっこりと暖かい世界を描く
イラストレーター
「アライマリヤ」と
陽だまりのような
やさしい唄をうたう
シンガーソングライター
「アルコ」からなる
映像ユニット「マリアル」。

 

「マリアル」のおふたり。

右がアライマリヤさん。

左がarcoさん。

 

a0127284_00444325

 

ことわざ、えかきうた、
ざつがく などなど
ためになったり
ならなかったり?
楽しい映像作品たち。

 

……………………………!!

 

マリアルは2015年9月から
月に1曲ずつのペースで
新作を発表していて、
現時点で6曲が公開中です。

 

今日はそのなかから
マリアルにとって
はじめての作品となった
この曲をご紹介。

 

ほっとひと息の
時間にぴったりです。

 

 

…………………………………………………………

 

マリアル 「ながいよる」

 

この「ながいよる」は
3月1日発表の最新作。

 

いつも明るくて
穏やかな曲のイメージの
arcoちゃんですが、
今回はいつもとは様子が違い
めずらしくdark number。

 

‘arcoちゃんにも
眠れない夜があるんだろうか’
と、ご本人にうかがってみたら
「マリヤさんの作った物語に
わたしが唄をつけました」
とのことで、妙に納得。

 

arcoちゃんの
もうすぐ4さいになる
息子さんも
「マリアルのちょっと
こわいのみたいー」と
お気にいりだそうで。

 

わたしも実は
この「ながいよる」
癖になってます。

 

追申
‘よる’ を悩みや迷いと
とらえて、わたしは
聴いてみたりしています。

 

そうすると
夜のカーテンをみつけて
迷いのループから
抜け出せた。という
希望を予感させる唄に
聴こえてきます。

 

 

…………………………………………………………

 

arcoさん bacoでのliveは
今回で3度目となりますが
過去2回はlunch time,tea time liveでしたので
日が暮れてからのbacoでのliveは
実は はじめてなんですね。

 

なので、わたしたち bacoにとっても
きっと arcoさんの
あらたな一面が見られるかもしれません。

 

もう3月も残すは、あと2日!!

 

4月1日には「マリアル」の
新しい作品の発表もあるんじゃないかと
とても楽しみです。

 

また こちらの記事で
ご紹介させていただきますね。

 

そして いよいよ4月8日の
その日を迎えるまで
数えてみると あと10日!!!!!!!!!!

 

前回11月のkirim liveでは
「音楽の魔法」をテーマに
ニットでタッセルを作り
ドライフラワーと組みあわせて
ささやかながら飾りつけた
ステージでしたが、
今回はさて、どうしようか。。。と
迷っています。

が、せっかくなので
今回もささやかながら
なにかしてみたい。と
考えているところです。

 

そして、あと10日ということで
無性に焦り始めました。。。

 

そんなこんなで
4日8日いらっしゃるみなさま。
ぜひ楽しんでいただけますと
さいわいです。

 

そして、気になっているけど
前日・当日になってみないと
予定が分からない。。。という声も
ちらほら聞こえてきていますが、
現時点ではご予約受付中です。

 

みなさまのご来場を
心よりお待ちしております。

 

…………………………………………………………

 

kirim Spring Journey 2016
at studio baco
2016.04.08 friday
open 19:00 / start 20:00
live act:kirim,arco
food&drink:GUSTO
price:予約 2,000 / 当日 2,500
(+1drink order → price 500)

〔time table〕
open 19:00
‘arco’ live start 20:00
‘kirim’ live start 21:00
close 22:00
(上記の時間はあくまでも予定ですので
おおよその目安程度に考えてください)


〔前売ご予約・お問い合わせ〕 
電話でのご予約は028-666-8715まで。
メールでのご予約は
『 4/8 ライブ予約』お名前と人数を明記の上、
studio85baco@gmail.com まで。
ご予約お待ちしております。

 

〔studio baco〕
〒321-3225
栃木県宇都宮市満美穴町413-1
tel:028-666-8715
http://studio-baco.com/

お越しの際にはカーナビよりもgoogle mapが便利です。

ご不明な事がございましたら、お気軽にお電話くださいませ。


〔お子様を連れて参加を希望される方へ〕
・お子様にも良い音楽に触れる経験を持って欲しい
 という思いから、お子様連れの参加もbacoは歓迎します。
 ただし、最低限のルールを守っていただいた上で
 親子で楽しく参加していただけますと幸いです。
・大人の方1人につき、お子様1人は無料、
 2人目より子供料金として1500円を入場時にいただきます。
・席に限りがあり、より多くの方にゆっくりと
 過ごしていただきたいと思っておりますので、
 (チャージ無料のお子様に関しまして)
 混雑時では膝の上に抱っこしていただく等の配慮を
 出来る限りお願い致します。
・イベント中は お子様から目を離されませんよう、
 お願い申しあげます。
・万が一、お子様のいたずら等が原因で
 ギャラリーの展示作品・機材等の破損が発生した場合、
 誠に恐縮ではございますが、保護者様へ代金を
 請求させていただくことになりますので、
 あらかじめ、ご了承くださいませ。
・以上、ご理解とご協力の程、
 どうぞよろしくお願い申しあげます。

2016.03.21

kirim Spring Journey 2016 live act:「kirim」紹介

kirim

「In The Fall」


Filmed and Directed by GLOWZ
Filmed at Shoku-Yabo農園
Hair & Makeup by Kaori Kozono

 

 

アメリカ音楽にルーツを持ち、

カンザス州、オレゴン州での生活が

現在の音楽スタイルに­繋がり、

複数のゴスペルクワイアとしての演奏経験も持つ

三橋ハルカ。


世界各国での演奏経験の後、

現在はアースビートバンド「おおきなくじら」など

多数のバ­ンドで活躍する

柏佐織里。


jam band 「Senkawos」 のドラマーとして日本各地を周り、

FUJI ROCK FESTIVALを始めとする

数々の野外Fesに出演する

和田佳憲。

ベースレスの3人編成で2015年春に活動開始。

FOLK、POPS、JAZZを軸としたアコースティックな演奏に

三橋の牧歌的な歌声­が心地よく響く。

2015月10月24日に初作品となる

自主制作盤 「First Session」 を早々にリリース。

 

http://kirimmusic.com/

 

…………………………………………………………

 

kirimのメンバーがメッセージを

寄せてくださいましたので

ご紹介させていただきます。

 

 

3月6日

1ヶ月後となりました、kirimの春旅「Spring Journey 2016」!

 

6日間のツアーの初日は、昨年の11月にもお世話になった

studio bacoさんで演らせて頂きます!

 

僕がbacoと出会ったのは数年前

Senkawosで演らせてもらえるよう

店主の小林さんに連絡をとったのが始まりでした。


東京からSenkawosとバセルバジョンの2組で遠足気分でいきまして、

bacoの木の温もり溢れる素晴らしい空間に感動したのと、

小林さんはじめ栃木の方々が暖かく迎えてくれたのを覚えています。

 

また演りたいとずっと思いながら、

なかなかバンド内でタイミングが合わず

Senkawosとしてはそれから行けてないのですが、

昨年結成したkirimで11月に行けて、

そして今回また行けることを本当に嬉しく思います!

 

詳細は まだ言えませんが、

このツアーからkirim初となるグッズも何種類か作りました!

 

GUSTOさんの美味しい料理を堪能しながら、

ぜひともarcoさんとkirimの音楽に

耳を傾けて頂けたら嬉しいです。

 

春の始めに、ぜひ。
皆さんのご来場お待ちしております。

 

 

drum 和田 佳憲

 

…………………………………………………………

 

3月15日

kirim spring journeyは、

約半年振りに行く宇都宮のstudio bacoからスタートします!

 

First Session リリースツアーも

偶然にもstudio bacoからのスタートでした。

 

縁のあるstudio bacoでの再会と新たな出会いを

とっても楽しみにしております!

 

今回のツアーからおニューのグッズを

用意して行きますので、会場で是非ご覧ください!


お楽しみに~

 

 key 柏 佐織里

 

…………………………………………………………

 

「Tower Lover」

 

2015年12月。
東京タワー展望台で
ライヴされた時のこと。

 

guitar&vocalのハルカさんが
「モデルとなった この場所で
この曲を演奏することができて
とても嬉しい」とLIVE MCで
お話されていたこと。

 

そして、その時の
シチュエーションも含めて
とても印象に残っています。

 

今日のような夜に聴いてみると
雨音のリズムと不思議と
シンクロしてきて、
こんな雨の夜も悪くない。と
思えるかもしれません。

 

ふわっと、優しい空気で
包みこんでくれるような感覚。

 

そして、大切な人と
聴きたくなります。

 

記 2月20日@baco

 

 

…………………………………………………………

 

「Midnight」

 

2015.12.23

@かねよ食堂

monochromeの世界。

 

あたたかい空気感と
しあわせな光景が
そこには映っている。

 

kirimのliveは
いつだって、そう。

 

2人のちいさなguestさんが
特等席で無邪気に
時折、聴き入りながら
すごした時間は
とても贅沢な体験と
なったことでしょう。

 

今日は数日前に
公開されたばかりの
新着映像をご紹介します。

 

kirimのdrum
和田佳憲さんの
綴られた言葉と共に
ご覧ください。

(記:3月2日@baco)

…………………………………………………………

 

かねよ食堂は以前ハルカが働いていた場所で
この日は凱旋ライブ的な雰囲気もあり
Jonさんはじめ本当に沢山の方が暖かく出迎えてくださいました。

 

海沿いに面しており外は雪が降りそうな寒さでしたが、
かねよの中は幸せに満ち溢れた暖かな空間となっていました。

 

先日発表した「kirim 2015-2016 5days show」では
後半“michi”という曲を入れましたが、
今回は“First Session”より“Midnight”を
ノーカットで動画にしました。

 

途中、ハルカの前でキラキラと目を輝かせる子供達が
マイクスタンドをずらしてしまうというハプニングもありましたが、
それも含め、本当にアットホームな最高なライブとなりました。

 

kirim drum 和田佳憲

 

 

…………………………………………………………

 

kirim Spring Journey 2016
at studio baco
2016.04.08 friday
open 19:00 / start 20:00
live act:kirim,arco
food&drink:GUSTO
price:予約 2,000 / 当日 2,500
(+1drink order → price 500)

 

発表後まもなくしてから
続々とご予約いただいております。

 

ありがとうございます。

 

早速、時間を作って
ご連絡くださった みなさま
感謝いたします。

 

そして、まだまだ
絶賛予約受付中ですので
ご検討されている方は
どうぞお早めに。

 

〔前売ご予約・お問い合わせ〕
電話でのご予約は028-666-8715まで。
メールでのご予約は『 4/8 ライブ予約』と、
お名前&人数を明記の上
studio85baco@gmail.com まで。

 

金曜日の夜なので、

19:00 open

20:00 start

singer song writer

arcoさんのliveから

ゆっくりとはじまります。

 

kirimの出番は

21:00から。

 

その日お仕事のかたも

おやすみのかたも

しあわせな音楽のshowerを浴びて

1週間の疲れを

ほぐしていただければと思います。

 

みなさまのご来場を

baco一同・出演アーティスト一同

心よりお待ちしております。

 

…………………………………………………………

 

〔studio baco〕
〒321-3225
栃木県宇都宮市満美穴町413-1
tel:028-666-8715
http://studio-baco.com/

お越しの際にはカーナビよりもgoogle mapが便利です。

ご不明な事がございましたら、お気軽にお電話くださいませ。


〔お子様を連れて参加を希望される方へ〕
・お子様にも良い音楽に触れる経験を持って欲しい
 という思いから、お子様連れの参加もbacoは歓迎します。
 ただし、最低限のルールを守っていただいた上で
 親子で楽しく参加していただけますと幸いです。
・大人の方1人につき、お子様1人は無料、
 2人目より子供料金として1500円を入場時にいただきます。
・席に限りがあり、より多くの方にゆっくりと
 過ごしていただきたいと思っておりますので、
 (チャージ無料のお子様に関しまして)
 混雑時では膝の上に抱っこしていただく等の配慮を
 出来る限りお願い致します。
・イベント中は お子様から目を離されませんよう、
 お願い申しあげます。
・万が一、お子様のいたずら等が原因で
 ギャラリーの展示作品・機材等の破損が発生した場合、
 誠に恐縮ではございますが、保護者様へ代金を
 請求させていただくことになりますので、
 あらかじめ、ご了承くださいませ。
・以上、ご理解とご協力の程、
 どうぞよろしくお願い申しあげます。