2019.03.01

電話番号が新しくなりました。

本日より当店の電話番号が新しくなります。

 

新しい番号は下記の通りです。

 

028 612 3118

 

アドレスへ登録していただきますと

ご予約や問い合わせ等される際に便利です。

 

電話復旧に伴い、オンライン予約を前々日までの予約に対応と

従来のオペレーションに戻させていただきました。

 

従いまして 個人練習の ご利用の際は電話予約のみとなります。

どうぞ お願い致します。

 

公式HP、Google・栃ナビ等 各ウェブサイトに関しては

随時 変更していきます。

 

この度は大変ご不便・ご迷惑を お掛けしました。

 

新しい電話番号にて、ご予約・お問合せ等

心より お待ちしております。

 

studio baco

2019.02.13

お電話が繋がらないお客様へ

現在固定電話が利用できなくなっております。

 

復旧までの間 音楽スタジオのご予約は、大変恐縮ですが、

 

下記のオンライン予約サイトより ご予約いただけますと幸いです。


ご利用日時の3時間前までの予約申請ができるよう対応しております。


尚、個人練習のご予約の場合は連絡事項に

「個人練習○人」の記載を必ずお願い致します。
https://reserva.be/studobaco‬

 

また 音楽スタジオのご予約以外の お問い合わせは上記の

 

オンライン予約サイトの問い合わせより お願い致します。

 

その他のお問い合わせは こちらのstudio85baco@gmail.com

 

アドレスまでメッセージいただければ幸いです。

 

みなさまへは大変ご迷惑をお掛けしており、申し訳ございません。

2018.12.20

年末年始のお休みとスタジオのご予約について

年末年始のお休みは

12月25日(火)から1月4日(金)までとなります。

 

音楽スタジオにつきましては

お休み期間中でもご利用いただけますが、

2日前迄に事前予約されたバンド練習限定での

営業とさせていただきます。

(平日昼料金は除外となります)

 

尚、お休み期間中はオンライン予約をご利用いただき、

電話でのご予約・お問い合わせ等は

お控えくださいますようお願い申しあげます。

 

オンライン予約はこちら

https://reserva.be/studobaco

 

 

本年もstudio bacoをご愛顧いただき、

誠にありがとうございました。

来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

店主

2018.08.23

Yasei Collective Live Tour 2018 “stateSment” @studio baco

Yasei Collective Live Tour 2018 “stateSment”

2018.10.5 fri  open/start – 19:00/19:30

live act – Yasei Collective, FEED

ticket price – adv 3500yen / door 4000yen

(all standing)

 

【9月1日(土)一般発売】▫︎ ticket 詳細は後半に記載 ▫︎

(整理番号順, 税込, ドリンク代別)

 

– 10.5「stateSment」Tour 初日! –

 

YaseiCollective

 

RGB_Yasei_Artistphoto_S-1024x768

 

左より 中西道彦[Ba,Synth] 松下マサナオ[Ds]

   斎藤拓郎[Gt,Voc,Synth] 別所和洋[Keys]

 

 

【Yasei Collective】 http://yaseicollective.com/

2009年に米国より帰国した松下マサナオ(Ds)、中西道彦(Ba,Synth)が斎藤拓郎(Voc,Gt,Synth)と共に結成。
2010年、別所和洋(Keys)が加入。 自主制作盤『POP MUSIC』をリリースし、都内を中心にライブ活動をスタートさせる。
2011年、1st アルバム『Kodama』をマインズ・レコードよりリリース。 2012年、FUJI ROCK FESTIVAL’12に出演。
2013年、2ndアルバム『Conditioner』をリリース。 自らのルーツと公言する、米国屈指のジャムバンド、Kneebodyを招いてのレコ発liveを実現させた。
2014年、柳下“DAYO” 武史(SPECIAL OTHERS)、浦山一悟(ACIDMAN)、在日ファンク・ホーンズ等、国内外から超豪華11組のアーティストを迎え完成させた、五周年アニバーサリーアルバム『so far so good』を発売。 発売記念ツアーは全国30公演に及び、アルバム参加ゲストを多数迎えた代官山UNITでのツアーファイナルは大盛況のうちに幕を閉じた。
2015年9月より、ACIDMANの所属事務所であるFREE STARへ新たに加わり、それに伴い自主レーベルである「Thursday Club」を設立。11月にはシングル『radiotooth』、2016年4月には4thアルバム『Lights』をリリースした。
2017年1月、台湾において初の海外公演を開催、同月には世界を代表するドラマーであるMark Guilianaをゲストに迎えたブルーノート東京公演を開催。
5月には1年ぶりのニューアルバム“FINE PRODUCTS”をリリース、12箇所に及ぶ全国ツアーをスタートさせる。5年ぶり2回目の出演となった“FUJI ROCK FESTIVAL 2017”を含む各地のロックフェス、ジャズフェスに出演。
並行してヴォーカリストTOKUのアルバム“SHAKE”においてギタリストSUGIZOと共演、Zepp Tokyoで開催されたACIDMAN 20th Anniversary 2man tour セミファイナルにおいてオープニングアクトを努める。
さらに自主企画2マンイベント「Hunting Hour」を立ち上げ、メンバーとも親交が深い「SPECIAL OTHERS」を第1回目に迎え 2018年2月に開催するなど、ジャンルレスに快進撃を続けている。

また、メンバーはそれぞれYasei Collective以外にも多数のバンド(GENTLE FOREST JAZZ BAND、ZA FEEDO、Pontadelic、HH&MM他)に参加、客演やCM、レコーディング参加等多岐にわたる活動も並行して行っている。

 

 

 

Print

 

【new album「stateSment」liner-notes】

変幻自在のビートを武器にジャンルレスに展開する4人組バンドのYasei Collectiveの2年ぶりのALBUM。今作はバンド初の海外レコーディングを実施。アメリカNY州ロチェスターにてレコーディングからミックス、マスタリングまで一気通貫で行い、タイトルの『stateSment』の通り、”states”にてYasei Collectiveの新たなる”statement(提示)”を現地の雰囲気をそのままにパッケージした意欲作。 (C)RS

– 2018.7.18 release!-

 

 

 

 

【FEED】

http://feed-official.tumblr.com/

https://twitter.com/feed_official

宇都宮を中心に活動するインストバンド。ジャムバンドさながらの各楽器の応酬による渦巻くグルーブとハードコアの熱量を伴った攻撃的なサウンド。カオティックな中にもしっかりと明確なリフがあるので曲を象徴するフレーズがきちっと耳に残る。

 

 

 

FOOD&DRINK / 茶屋雨巻
44a78cb82b20b00a6d8de6963b77d612
山の入り口に、まるでその緑の中に溶け込むかのように作られた「茶屋雨巻」。そこは、町の中心部から少し車を走らせ、益子で一番高い山、雨巻山のふもとにあります。なんといってもお店で食べたいのは石釜から作られる熱々のナポリピッツアです。今回はキッチンカーでの出店となります。

 

会場【studio baco】

〒321-3225 栃木県宇都宮市満美穴町413-1

(はじめてお越しの際はgoogle mapが便利です)

telephone – 028 666 8715

http://studio-baco.com/

 

 

【店頭販売】問合せ先 – studio baco

 ■ 9月1日(土) 12:00より限定枚数にて販売開始。

・販売後の返金は致しませんので、予めご了承ください。

・未成年の同伴に関しましては別途ご案内があります。

・入場の際は プレイガイド発券 整理番号付券から順の ご案内となります。

 

 

【プレイガイド】

■ 9月1日(土) 10:00より一般発売開始。

ぴあ(P-code)0570.02.9999

ローソンチケット(L-code)0570.084.003

問合せ (ADN STATE) 050-3532-5600(平日12:00-17:00)

 

 

【credit】

主催 – 日本コロムビア

企画・制作 – ADN STATE

協力 – FREESTAR

2018.07.21

文藝誌「園」第二号・発売と入荷

07212

 

文学・文芸
文學・文藝

そのような世界に
馴染みがない わたしでも
さらさらと読んでいる
「園」

ここ数年 意識していた
とある思考に ふわりと
風穴が空いたような感覚と
あらゆる想像を
もたらしてくれる
「園」

新刊・第二号
ホンジツ 発売。

創刊号も二号とともに
仲のよい姉妹のように

わずかですが、
入荷しています。

文藝誌「園」official site

http://www.sono-magazine.jp